債務整理をしたら車はローンで買えなくなるのか。

2334

これから債務整理をする方も債務整理中の方も知っておきたいこと

マイカーローンを申し込む際に行われる審査

マイカーローンには銀行・信用金庫・JA等銀行系のマイカーローンと、信販系のマイカーローン(ディ―ラーローン exトヨタファイナンス・ホンダファイナンス)があります。一般に銀行系のマイカーローンは金利が低めに設定されており、その分審査が厳しいと言われています。

反面ディーラーの信販系マイカーローンでは、銀行系のマイカーローンに比べ、金利は高めに設定されていますが、審査は通りやすいという傾向があります。車自体を担保にするため、ローンの全額を支払い終わるまでは、車はディーラー名義になることが特徴です。

審査をする金融機関にとって最大の関心事は借り手の返済能力です。返済能力があるかについては、借り手の職種や勤続年数などの属性に着目し、総合的に判断されるのですが、その中で重要なポイントは個人の信用情報です。

債務整理をしたという情報がわかるブラックリスト

債務整理、多重債務

債務整理をしたら、その事実が信用情報機関に登録され、いわゆるブラックリストに載った状態になります。銀行や消費者金融は借り入れの申し込みを受け付ける際には、必ず信用情報を照会しますので、ブラックリストに載った状態であれば審査に通らない可能性が高いです。

マイカーローンの場合も同様で、銀行や信販会社は、マイカーローンの審査のために信用情報を照会し、この時点でブラックリスト状態にあると審査に通ることができず、マイカーローンを組むことはできないと考えられます。

信用情報機関に債務整理をしたという情報が登録されるのは一定期間に限られる

債務整理の種類によって異なりますが、ブラックリストに載るのは一定期間に限られます。その期間が過ぎてしまえば信用情報機関への登録が抹消されます。

したがってその後はマイカーローンを含め、各種のローンを組むことができるようになります。債務整理をした後に車が必要になることがありますが、この一定期間内に貯金をして頭金にするなど、将来に備える期間とするのが賢明です。

債務整理をしていなくても、ブラックリストに載るケース

クレジットカード

誰でもうっかりして各種ローンやクレジットカードの引き落とし口座に十分な残高がなかったということがあります。もちろん1度や2度でブラックリストに載ることはありませんが、これを何度も繰り返したり、61日以上の間支払いが滞ってしまったりすると、金融事故があったという情報として信用情報機関に登録されてしまう場合があります。

ちなみに、これらの回数や期間はカード会社によって異なりますので、まだ何回目だから、何日だから大丈夫というわけではありません。

そうなると、マイカーローンの審査のために個人信用情報を照会した金融会社は、借手の返済能力に疑問を抱かざるを得ず、審査に通らないということになってしまうのです。

ブラックリストに載る期間はどのくらい

個人信用情報を管理する信用情報機関には3種類あり、それぞれ事故情報の登録期間などを独自に定めています。さらに各信用情報機関は事故情報について共有することができますので、一つの信用情報機関に登録されているだけで、すべての金融機関・貸金業者がその情報をチェックすることができるという仕組みになっているのです。

銀行などが会員の「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」

自己破産と民事再生(個人再生)では10年間、任意整理の場合は、保証会社が代位弁済すると、5年間登録されます。
また延滞については、延滞解消から5年間登録されます。

主に消費者金融などが会員の「株式会社シーアイシー(CIC)」

自己破産では5年間登録されます。民事再生(個人再生)、任意整理では登録されることはありません。延滞については、延滞解消から5年間登録されます。

主に信販会社などが会員の「株式会社日本信用情報機構(JICC)」

自己破産・民事再生(個人再生)・任意整理とも5年間登録されます。
61日以上延滞については、延滞解消から1年間、3ヶ月以上連続延滞については、延滞解消から5年間登録されます。

注意して金融機関を選択する

すでに述べたようにブラックリストに載る期間が経過すると債務整理をしたという情報は抹消され、どの金融機関や信販会社も過去の債務整理をした記録を知ることができなくなります。

しかしながら実際に債務整理を受けた金融機関では、債務整理をした人にはもう二度と融資したくないと思うのが普通ですので、個人信用情報の事故情報が抹消された後も、独自の社内情報としてその事故情報を半永久的に保有していると言われています。

そして新規に借り入れの申込みがあるたびに、個人信用情報と併せてこの社内情報をもチェックしているために、一度債務整理をした金融機関で再びマイカーローンの申し込みをしようとすると、審査に通らない可能性が高くなります。ブラックリストから解放されて新規にマイカーローンを申し込む場合には、過去に債務整理をしていない別の金融機関を選択することが肝要です。

債務整理後、一定期間はローンを組めない

マイカーローンは条件が整えば可能

債務整理をした後でも一定の期間が経過してブラックリストから解放されていればマイカーローンの審査を申し込むことができます。ブラックリストから解放されるまでには、5年間〜10年間待たなければなりませんが、その間に少しずつでも頭金を貯めるなど、将来に備えていくのが賢明です。

記事監修 松木勇作

そうや法律事務所松木弁護士

浅草橋・秋葉原にある弁護士法人そうや法律事務所の代表弁護士。

債務整理の相談も多い。無料相談の場合は電話でお問い合わせください。