ブラックリストとは?クレジットカードや借入できない期間について

666
クレジットカード

債務整理でブラックリストに載ったらどうなるの?

「ブラックリスト」とは何なのか

まず「ブラックリスト」というものはどのようなものなのでしょうか。

「ブラックリスト」とは、信用情報に事故情報が登録されている状態の通称をいいます。
銀行や消費者金融・信販会社は、貸付やクレジットカードを作る際に審査を行いますが、その際に個人がどのような借入をしているかなど、「信用情報」というものを参照して審査をしています。

この「信用情報」は信用情報機関というものがあり、銀行や消費者金融は債務者が債務整理や、支払いの滞納などがあると、その旨を報告・登録することになっています。このような事を「事故情報」「異動情報」という言い方をしています。

事故情報・異動情報がついたものについてリストにしているような事実はないのですが、一般的な言い方として「ブラックリスト」という言い方が広まっています。

「ブラックリスト」に入ると出てくる生活のデメリット

クレジットカード

この「ブラックリスト」に入るとどのようなことが起きるのでしょうか。
上述したとおり、信用情報に事故情報として登録がされることにより借入の審査が極めておりにくくなってしまいます。

また、クレジットカードの新規申し込み時、審査の際に信用情報が参照されるのですが、事故情報がある場合にはほとんどの審査が通りません。

クレジットカードが使えないことや自動車のローンが組めないことから、インターネットでの買い物をする方やETCで高速道路を利用する方は不便を感じる人もいます。

ブラックリストはどうやったら消えるのか

いわゆるブラックリストは『時間の経過』により消えることになっています。

個人の信用情報を管理している会社には3社あり、それぞれに違う部分があるのですが、完済後平均的に下記年数で消えるとされています。

  • 任意整理なら5年~7年
  • 自己破産・個人再生なら7年~10年

起算日については完済日を考えておけばよいです(自己破産の場合は免責が認められた日)

ブラックリストから消えると住宅ローンは借りられるのか

いわゆるブラックリストから消えるとどのような状態になるのでしょうか。事故情報が消えると、完済後すぐに借入の審査等を行っていなければ信用情報は「真っ白」という状態になっています。

普通に生活をしていく中で、信用情報には何らかのクレジット履歴等があるのは当然です。この信用情報が真っ白な状態だと、審査担当が『滞納よりも重大な問題がある』と判断してしまう場合があります。特に住宅ローンの審査で不利になることが散見されるので、クレジットヒストリーを作る事や頭金をしっかり積むなどの借入に向けての準備はしっかりとしておきましょう。

ブラックリストに名前が載っている期間はどうすればいいのか

ではブラックリスト期間の話に戻しますが、特にクレジットカードが使えないと生活ができないという方がいらっしゃいます。

もっとも、インターネットでの買い物が必須である方については、デビットカードというものを利用することで代替できます。

また、高速道路を利用する方はETCの利用ができないと困るという方がいらっしゃるかもしれませんが、こちらもデポジット方式(先払い)のETCパーソナルカードというものがあります。

基本的に大きな借入が出来ない為、車や住宅を購入するという事は出来ない方が多いですが、その予定がない場合は生活する上での代替え方法は存在しています。また、現金をしっかり貯めて、その中で生活をするというリハビリをしている期間と考えて生活をしていれば、問題なく生活はできるといえます。

借入に依存しない生活を目指しましょう

ブラックリストに載っても生活はできます

このページでは、いわゆる「ブラックリスト」といわれるものについてお伝えしてきました。

クレジットカードが利用できないなど不便はありますが代替策はありますし、事故情報が消えるまでの間は、借入に頼らない生活を取り戻すものと考えてみると良いかもしれません。

記事監修 松木勇作

そうや法律事務所松木弁護士

浅草橋・秋葉原にある弁護士法人そうや法律事務所の代表弁護士。

債務整理の相談も多い。無料相談の場合は電話でお問い合わせください。